役立つお金の知識を発信し、女性の幸せを応援します
家計のお役立ち情報

money-info

iDeCo  (個人型確定拠出年金) あなたも老後資金がつくれるかも ~加入条件編~

2017年1月から60歳未満の人であれば、今までより多くの方が「個人型確定拠出年金」加入できるようになりました。 この改正により、全ての人が企業型か個人型、どちらかの確定拠出年金に加入することができるようになりました。 …

確定拠出年金って何? 確定給付年金と何が違うの??

確定拠出年金とは公的年金を補う為、国が推奨している年金制度のうちの一つです。 公的年金のもらえる額は、平成15年の税制改革により、以前より減ってしまっています。 そんな中で、公的年金だけでは不安という方や、自分の年金資金 …

老後を支える3つの柱 ~③私的年金~

前回までに「①公的年金」「②企業年金」についてお伝えしました。 公的年金についてはコチラ 「①公的年金~基礎年金編」   「①公的年金~障害年金・遺族年金編」 企業年金についてはコチラ 「②企業年金編」 私的年金とは 今 …

老後を支える3つの柱 ②企業年金編

前回「老後を支える3つの柱」のうち、1つ目の柱として公的年金について2回にわたり、お送りしました。 今回は2つ目の柱をお送りしたいと思います。 この2つ目の柱は、「企業年金」です。「退職年金」といわれる場合もあります。 …

老後を支える3つの柱 ①公的年金 ~障害年金・遺族年金編~

前回は基礎年金のお話をしました。 公的年金には3つの役割がありますが、今日はあとの2つについてお伝えしたいと思います。 基礎年金のことについてはコチラを! ではどんな役割があるのかをみていきましょう。 【公的年金の3種の …

老後を支える3つの柱 ①公的年金制度 ~老齢年金編~

あなたは老後の資金の備え、何かしていますか? 今日は老後を支える3つの柱の1つ、「公的年金制度」について見ていきたいと思います。 厚生労働省の調べによると、「平成28年7月末現在の国民年金保険料納付率」はなんと57.9% …

自分の年金について知ろう! ねんきんネットを活用しよう!!

みなさん、将来自分がどんな年金をどのくらいもらえるのかはご存知でしょうか? 現在、国民年金保険料は年々増加しているうえに、もらえる額は年々減少しているという事実はみなさんご存知の通りかと思います。 (支払う保険料について …

老後のお金を貯めるその前に!

先日あるセミナーの中で、実際60歳までに亡くなる人の割合は、全体の10%にも満たないのだという事を知りました。 実は、残念なことに私の両親はその10%の中に入っていました。つまり、両親は全く老後がありませんでした。 人生 …

源泉徴収票からわかる、我が家の控除額

12月給与明細と共に会社から渡されることの多い源泉徴収票。 ここにはその他に、自分が申請した配偶者控除等の所得控除や税額控除の情報が記載されています。 「所得控除」とは、所得税を安くするため、差し引くことのできる額のこと …

まずは所得税の仕組みを知ろう! そこからいろいろ見えてきますよ!

年収103万円(所得38万円)よりも収入が多い人は、「所得税」を支払っているかと思います。 しかし、会社員の方だと勝手に引かれるからと払っているだけで、仕組みはほぼ知らないという方、 結構多いのではないでしょうか? でも …

源泉徴収票からあなたの年収や手取り額がわかります!

会社員の皆さんは、12月の給与明細と共に、源泉徴収票を会社からいただいたと思います。 昨年12月のものからサイズが大きくなりました!(A5サイズで今までの2倍に) 記載内容も少し変わっています。 個人番号(マイナンバー) …

ホームページをオープンしました!

本日、ホームページをオープンいたしました! これから少しずつ、家計のお役立ち情報を更新していきます。 コーヒーでも飲みながら、ゆったりした気分で気軽に見ていただければ嬉しいです。 みなさんに少しでもお役に立てるような情報 …

« 1 2 3

LINE@はじめました!!

各種お役立ち情報や、LINE@限定の講座優待割引特典あり!

パソコンでご覧の方)
下記のQRコードをスマートフォンで読み取ってご登録ください。

(スマートフォンでご覧の方)
コチラのアイコンをクリックするとご登録可能です

友だち追加

プロフィール

ハピレアウーマン代表
  藤原友美子

小学生を育てる子育てママ。

大学卒業後、就職で親元を離れ一人暮らし。
法人営業で朝から晩まで人と接し続けた日々。初めて家計の管理をし始める。

結婚し損保等に勤務した後、子どもを出産。
その2か月後に両親が立て続けに他界。 精神的にも追い詰められる中、税金などの疑問や悩みが同次々と出てくる。無知の怖さを実感。

少し落ち着いたころ、夫の海外転勤で海外に移住。
子育てママの孤独と悩みをなかなか打ち明けられない状況を体験。そんな中で手を差し伸べてくれる方々の優しさに触れ、自分も何かできることがあればと思い始める。

帰国後、以前から取得したいと思っていたFP資格を取得。 大学で専攻していた心理学も再び学び始める。

「私がお金の知識と子育てママの悩みを伺うことで、女性が様々なライフイベントを幸せを感じながら過ごしていってもらえたら」
屋号にはそんな想いを込めて、英語で幸せなという意味を持つ「Happy」とハワイ語で喜び・希望の意味を持つ「lea」を組み合わせ、屋号を「ハピレアウーマン」と命名。

家計のお役立ち情報

PAGETOP
Copyright © ハピレアウーマン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.