青色申告承認申請書を出すとこんなメリットがありますよということについては、前回お伝えしました。

「青色申告を申請するとどんないいことがあるの?」

今回は、青色承認申請書の書き方についてお伝えしようと思います。
開業届についてお伝えした際、「開業届と一緒に提出した方がいいです」とお伝えしましたが、提出期限はいつまでなのでしょうか?

「開業届を出す時は」

青色申告承認申請書の提出期限

事業開始から2ヶ月以内

○ただし、事業開始が1月1日~1月15日の場合は3月15日まで
○今まで白色申告をしていて、青色申告に変更したい場合も変えたい年の3月15日まで

 

青色申告承認申請書の書き方

「青色申告承認申請書のPDF」
税務署から書類受理の通知等はもらえないので、2枚同じものを作成、もしくはコピー等して提出するもの以外に必ず控えを作り、控えにも税務署で受付印をもらっておきましょう。

■最新NEWS
2017年1月4日からe-taxでも申請可能になりました。

納税地について

・住所地-自分の今住んでいるところ  通常はこちらでOK

・居住地-自分の住んでいるところ以外で長年住んでいてそこで事業している場合

・事業所等-自宅以外の事業所がある場合
電話番号は携帯でもOK

氏名について

ビジネスネームがある場合でも、こちらは本名で記載してください
印鑑について

スタンプ印は不可

屋号について

記載してもしなくてもOK
屋号をつける際はアルファベットOK  ただし、法人ではないので「会社」「銀行」「法人」などはつけられない

平成 年度分以後の所得税の年度

所得税の確定申告を青色で開始したい年

事業所の名称及び所在地

自宅とする場合は自宅住所のみでOK

所得の種類

事業をする方は事業所得

簿記方式

10万円の控除を受けたい場合は簡易簿記
65万円の控除を受けたい場合は複式簿記

備付帳簿名

ここは事業を実際に始めたらつけやすい帳簿を選択すればOKですので、「総勘定元帳」「仕訳帳」などを選択しておけば大丈夫
ここに書いたからといって、必ずしも確定申告時に提出しなければならないという事ではないと税務署の方がおっしゃってました

以上青色申告承認申請書の書き方でした。参考になれば嬉しいです!