前回からお伝えしています扶養のコーナー。
今回はそれぞれの扶養に関する壁について徹底解説します!

ここが理解できれば、あなたはかなり扶養について理解できるようになると思います。
少し難しく感じるところもあるかもしれませんが、できる限り噛み砕いて
お話していきたいと思いますので、お付き合いいただければと思います。

◆扶養の壁の種類とは

前回もお伝えしました扶養に関する壁の種類と概要です。
ではこの先は1つ1つじっくり見ていきたいと思います。
今回は妻が夫に扶養されているというシチュエーションでご説明していきます。

◆103万円の壁とは


103万円の壁というのは、「税金の扶養に関わる壁」
以下の2点を判断するためのボーダーラインです。

①妻が所得税がかかるかどうかを判断するための、妻の年収のボーダーライン

妻の所得税ー年収103万円以下だとかかりません 

妻の住民税ー年収100万円以下だとかかりません
(市町村により多少異なる場合あり。詳しくは各市町村HPで)。

たとえ、103万円を超えて所得税がかかったとしても、それほど大きく手取りが減ることはありません。
下記の例だと所得税は1000円のみ。それほど超えてもビクビクすることはありませんよね。

(例)年収105万円の場合の所得税

(105万円-103万円)×5%(所得税率)=1000円

所得税率について

 

 

②夫が配偶者控除を受けられるかどうかを判断するための、妻の年収のボーダーライン


妻(配偶者)の年収が103万円以下であれば、夫は年末調整時に配偶者控除を受けることができ、
所得税38万円(住民税33万円)の控除を受けることができます。

ただし、もし103万円を超えてしまったとしても、「配偶者特別控除」があるので、
控除額は減りますが、年収141万円まではいくらか控除が受けられるため、
103万円の壁はそれほど高い壁ではないと言えます。

(例)妻の年収が105万円の場合
夫の税金から引ける配偶者特別控除の控除額は36万円

 

配偶者控除の詳細についてはこちら

(POINT)

*年収103万円がボーダーラインになるのは、パートの妻の場合であり、自営業の妻はまた異なります。

*103万円の壁はそれほど高い壁ではありません。

ただし、家族手当が夫の会社から支給されていて、そのボーダーラインが妻の年収103万円以下となっている場合は、注意が必要です。
 例えば夫の会社で支給される家族手当が1万円/月の場合、年収103万円を超えてしまうと、
1万円×12ヶ月=12万円/年 が夫の手取りからなくなってしまいます。
結構大きいですよね。

◆106万円の壁とは


2016年10月以前は、妻自身が妻の勤めている会社の社会保険(健康保険・厚生年金)に加入することになる条件は、4分の3基準でした。

4分の3基準とは

「1日又は1週間の労働時間」と「1ヶ月の労働日数」のどちらも正社員の4分の3以上であること。

しかし、2016年10月から、社会保険に加入することになる条件の範囲から、1日の労働時間は除かれました。

また、1週間の労働時間及び1ヶ月の労働日数が正社員の4分の3未満の場合であったとしても、下記の5つの条件全てに当てはまる方は加入することになりました。これが106万円の壁です。

ただし、1つでも当てはまらなければ社会保険への加入とはなりません

万が一5つの条件すべてに当てはまった場合、妻の収入が、夫の会社で妻を扶養にできる条件である年収130万円未満(月収108,334円未満)であったとしても、
妻は夫の扶養から抜け、妻の会社の社会保険に加入することになります。

(POINT)

*自営業の妻に106万柄の壁は存在しません

*106万円の壁が存在する人は限られているが、130万円の壁と同様、社会保険料(健康保険・年金)を支払うことになるので、103万円の壁に比べ、高い壁といえる

*労働時間や日数は、雇用契約書に定められたもの

*ここでいう賃金に交通費・賞与・時間外手当・家族手当・精勤は含まれません

*派遣社員の場合は、501人以上の部分は派遣先ではなく、派遣元で判断します

 

◆130万円の壁とは

ここは先ほども説明した通り、夫の会社が妻を扶養に入れることができる、妻の年収のボーダーライン。
妻の年収が130万円以上(月収108,334円以上)になると、妻は夫の扶養から抜け、自分で健康保険料や年金保険料を支払うことになります。

前回もお伝えしたように、健康保険・年金の扶養は、夫がサラリーマンの時のみ存在します。夫が自営業の場合は存在しません。

また、家族手当のボーダーラインが103万円ではなく、130万円である会社もあります。
年収130万円でも年間の社会保険料負担額は20万円程に。この為、130万円を超えて働くなら160万円以上を目指して働かないと、社会保険料が引かれる分手取りが増えず働き損になることに注意が必要です。

(POINT)

*年収130万円がボーダーラインになるのは、パートの妻の場合であり、自営業の妻はまた異なります

*130万円の壁は超えてしまうと、社会保険料(健康保険・年金)を支払うことになるので、103万円の壁に比べ、高い壁といえる
(年間20万円近い社会保険料が引かれてしまいます)

*130万円には、交通費や各種手当も含まれます。

◆106万の壁と130万の壁で妻の負担はどう変わる?

やはり、社会保険料の妻の負担額は、夫の扶養から抜ければ、かなり大きいことが
お分かりになるかと思います。

以上扶養に関する壁についてお伝えしました。
次回、妻が自営業の場合については、お伝えしたいと思います。