2017年1月から60歳未満の人であれば、今までより多くの方が「個人型確定拠出年金」加入できるようになりました。
この改正により、全ての人が企業型か個人型、どちらかの確定拠出年金に加入することができるようになりました。

企業型と個人型の違いについてはコチラ!!

しかし、全ての人が「個人型確定拠出年金」に入れる訳ではありません。
下記の方々は、今後も個人型に加入することはできません。
■個人型確定拠出年金に加入できない人■
・会社で企業型確定拠出年金があり、かつマッチング制度がある会社の従業員
・マッチング制度はないが、企業型確定拠出年金の掛金限度額ギリギリまで掛金を拠出している会社にお勤めの方
*マッチング制度とは、企業の掛金に上乗せして従業員が拠出できる制度

あなたは加入できるでしょうか?
次は2017年から新しく加入できるようになった人から見ていきましょう。

■2017年より新たに加入可能な人■
勤務先に企業年金や企業型確定拠出年金がある会社の会社員
*ただし、企業型確定拠出年金に加入している人については個人型確定拠出年金に加入する場合は勤務先の規約変更が必要

公務員

国民年金第3号被保険者
(会社員や公務員に扶養されている、20歳以上60歳未満で、年収130万円未満の配偶者)

 

そして、加入者によって、掛金の限度額が異なります。

いかがでしたか?
あなたは老後の資金準備できそうですか?
老後を支える3つの柱を考えていただき、自分にとって確定拠出年金が必要かどうかを是非考えてみてくださいね。
早ければ早く始めるに越したことはありません。長年積み立てていくものは期間の長さがとても大事になってくるのです。

【老後を支える3つの柱について】
①公的年金~基礎年金編~                 ①公的年金~障害年金・遺族年金編~

②企業年金                           ③私的年金