年収103万円(所得38万円)よりも収入が多い人は、「所得税」を支払っているかと思います。
しかし、会社員の方だと勝手に引かれるからと払っているだけで、仕組みはほぼ知らないという方、
結構多いのではないでしょうか?
でもこれが分かれば、節税ってどうすればいいのかが分かるようになりますよ!

今日は、実際所得税がどういう風に計算されていて、どうやって節税できるのかを
考えてみたいと思います。
まず、所得税はどうやって求めるのでしょうか?
計算式をみてみましょう!年収等は会社員は源泉徴収票、自営業は確定申告書を見ればわかります。

(会社員の場合)
所得税額=(年収-給与所得控除-所得控除額)×所得税速算表の税率-所得税速算表の控除額

給与所得控除について

源泉徴収票の見方について(年収・所得控除額)

(個人事業主の場合)
所得税額=(売上-必要経費-所得控除額-<青色申告特別控除額>)×所得税速算表の税率-所得税速算表の控除額
*権利が確定したもの(未収入)も含む *青色申告する人のみ10万円or65万円控除

上記の赤字の式で求められるのは、下記の図の〇の部分です。

所得税額を減らす(節税)ためには、「所得控除」が重要になってきます。
そして「税額控除」も所得税を減らせることが、この図を見ていただければ
お分かりになるのではないでしょうか?
皆さんが実際払う所得税の納税額は、所得税額から税額控除分を差し引いたものです。

ではここで、所得控除と税額控除の違いについて見ておきましょう!
所得控除の場合所得税額を計算している途中で、所得控除額を差引きし、その後税率をかけるので、
所得控除の金額がそのまま安くなるわけではありません。所得税率により左右されます。
<例>38万円の所得控除の場合、実際に節税になる額は「38万円×所得税率」分

☆税額控除の場合税額を計算した後に、所得税額から直接控除額を差し引ける。

実際に計算をしてみてご理解いただけるように、所得控除よりも税額控除の方が大きな節税が可能です

ただし、税額控除は種類が少なく、家や株を買わない方には関係がないことが多いです。
わが家はどの控除なら使えるのか。まずそこを知ることからはじめましょう!

人生の節目節目、家族構成の変化、保険の見直し時、ふるさと納税や確定拠出年金の有無等によっても
所得控除が変わってくるので、覚えておいてくださいね。

以上、所得税の仕組みについてでした。