最近女性が購入したいものは、ファッションアイテムばかりではない?!

女性が欲しいものランキングに大概入っているもの。

それは、ファッションアイテムやコスメ、美容グッズ、お花かと思います。

しかし、今はこんなものを購入したいもしくは購入する女性が、増えているようです。


それは…なんと住宅です。
なんだか時代を感じますよね。

これは、女性の社会進出が進んでいることが、背景にあります。

 

内閣府の男女共同参画白書29年度版(仕事と生活の調和)によると、
共働き世帯が1,129万世帯
専業主婦世帯が664万世帯
  
1990年代半ばから、専業主婦世帯より共働き世帯が増加。

専業主婦世帯はいまや半数にも満たず、約37%となっています。
 
今回は、女性の住宅購入についてピックアップしてみたいと思います。
    

◆住宅ローンを利用する女性も増加している?!

以前は、結婚後に男性が住宅ローンを利用し、住宅を購入するケースが主流でした。

しかし現在では、単身女性でも住宅ローンを利用し、住宅を購入するケースが、主要都市部を中心に増加傾向にあるようです。

また、共働き家庭では、夫と妻の両方が住宅ローンを利用するケースも出てきています。

女性の社会進出が進んできた今、住宅購入は女性の自立心の表れなのかもしれませんね。
    単身女性が住宅購入する主な理由としては、以下のようなものがあります。

➀晩婚化により家賃を払い続けることへの不満
 
厚生労働省の人口動態統計によると、
2015年の平均初婚年齢は
男性が31.1歳
女性が29.4歳
  

例えば家賃6万円を10年間払い続けると、
720万円にもなりますから、もったいなく思う気持ちや自分の資産にしたい気持ちもわからなくもないですね。
 
   
単身による老後の不安

国立社会保障・人権問題研究所の「人口統計資料集 2018年版」によると、
2015年の50歳時の未婚割合(生涯未婚率)は、男性が約23.4%、女性が約14.1%。

つまり、7人に1人の女性が生涯単身である可能性が高いことがわかります。
   

しかし、住宅を購入するといっても、女性は男性よりもまだまだ収入が低い現状があります。

総務省の平成26年全国消費実態調査では、

単身者世帯の手取り収入

男性275,985円  
女性208,996円


これを見ても女性の方が収入が低いことがわかります。

住宅を購入できるのは、まだまだ一部のキャリアウーマンだけなのでしょうか。

◆どんな女性が住宅購入しているの?!

下記は、国内最大手住宅ローン専門金融機関「ARUHI株式会社」が2016年に住宅ローンの融資を実行した単身女性約500名に行ったアンケート結果です。

この調査では、
 
○住宅を購入した単身女性の約5人に1人が年収200万円代
 

○平均年収は447万円で、全体の約65%を年収200万~400万円台が占めている
 
○平均年齢は42歳
7割以上の女性が30~40代のうちに購入
  
  

 ARUHI株式会社単身女性の住宅ローン利用状況調査」より引用


つまりこの結果から、一部のキャリアウーマンのみならず、派遣社員やパートなどの収入が決して高くない女性であっても、まだまだ数は少ないものの、住宅購入が叶う時代になってきたことがわかります。


そんな時代背景を受け、金融機関の中には、
女性向け住宅ローンを販売しているところもあります。
    
■女性向け住宅ローンの特徴■

○一般向け住宅ローンよりも、勤続年数や年収などの借り入れのハードルが低く設定されているタイプ
(年収が低めの派遣社員や契約社員でも利用可能だったり、頭金の制約をなくしたり、床面積が狭くても利用できることも)

○一般向け住宅ローンよりも、通常の金利優遇があったり、産休・育休中の金利を軽減されるタイプ
(産休育休中に元金返済が1~2年据え置きできたり、繰上返済無料などの特典があることも)

○女性に嬉しい特典が付帯されているタイプ
(ケガや病気時の返済をカバーする保険や医療保険等を無料で付帯できたり、家事代行サービス、病児保育サービス、優待割引サービスなどが使える場合も)
 
<主な女性向け住宅ローン>
 りそな銀行 凛next 
(金利優遇/保証料・繰上返済手数料無料/ローン返済支援保険無料付帯/優待など)

 りそな銀行 凛フラット35 
(完済まで金利一定/保証料や繰上返済手数料無料/融資手数料優遇/保証人不要など)

 ARUHI With Woman 
(就業不能・失業時の返済保証保険無料/保証料や繰り上げ返済手数料無料/優待など)

 三井住友信託銀行 エグゼリーナ 
(出産後1年間の金利優遇/ローン返済支援特約付新医療保障保険無料付帯など)

 東邦銀行  きらら
 (出産育児で最長2年間元金返済据え置き可能/繰上返済手数料無料/ガン保障特約付団信付帯など)

 スルガ銀行 ホームローンレディース
 
(年収条件が原則なし/保証人不要/繰上返済手数料無料など)

 
ただし、ここで女性向け住宅ローンを借りる際の注意点を、付け加えておきたいと思います。

 ■女性向け住宅ローン を借りる際の注意点■

*女性向け住宅ローンは、借り入れ時の条件が厳しくない等のメリットや特典あり。

しかし、逆に金利面で一般の住宅ローンより高くなってしまう場合もあります。

女性向けで特典があるからといって、安易に飛びつくのは危険です。

住宅はとても大きな買い物です。

住宅ローンを借りる際は、金利・諸費用・繰上返済手数料・あなたの返済プランにあった返済年数・金利タイプ(例:○年固定金利etc.)があるかどうかなど十分に検討することが大切です。


今回は、女性の住宅購入について追ってみました。

どんな人でも一度は考えるであろうマイホーム。
 

しかし、住宅購入はファッションアイテムなどとは違い、人生3大支出に入る大きな買い物です。

次回は購入に際し、気をつけたい点について考えてみたいと思います。