開業届と共に、屋号付き口座の作成をしておくと、プライベートの支出と分けることができ、経費の管理も楽です。
ゆうちょ銀行での私の振替口座作成時の経験をお伝えできればと思います。

まずゆうちょ銀行の窓口で必要な用紙をもらうとともに、特徴の説明を受けました。

振替口座の特徴

・利子は付きません
・送金・決済利用に特化した貯金口座(全額保護対象)
・通帳なし(「振替受払通知票」を取引の度に郵送してもらうか、「振替受払通知票Web照会サービス」利用にてWeb上で確認可能)
・開設した郵便局でのみ入出金可能(ただし、ゆうちょダイレクトに契約すれば、他の口座に送金可能)
・預け入れの上限はありません

他の金融機関であれば「屋号+個人名」になりますが、ゆうちょでは「振替口座加入申込書」で別名に屋号を記載し、「別名のみ表示」にしておけば、屋号名でお客様からお振込いただくことが可能です。

 

必要なもの

・身分証明書(マイナンバーの提出は必要ありませんでした)
・お届け印(個人の通帳で使っているものでもOK)
・振替口座用印鑑票
・振替口座加入申込書
・開業・事業が確認できるもの<HPコピー等>


ここでPoint

・開業届を出した日と口座開設の日が同じだと、本当に事業をしているのかが確認できず、審査が通らない可能性があるとのこと。
HPがある方は、印刷したものを一緒に提出した方がいいとのことでした。

・「振替口座開設のお知らせ」という用紙が入った封書が郵便局から届く際に、屋号が家に表札としてかかっておられる方はOKですが、かかってない方は、住所に〇〇方と自分の名字を記載しておいたほうがいいと思います。

口座の申込みをしてからだいたい1週間以内に口座開設のお知らせが届いてからやっと使えるようになります。普通口座のように即日に使えるようにはならないので、その点は注意が必要です。

ゆうちょダイレクトの申込は口座が使えるようになってから、郵送で申し込みができます。申し込む際、ゆうちょダイレクトと共に、「振替受払通知票Web照会サービス」の申込をしておくとネットで確認できて便利!

だいたい2週間くらいで使えるようになります。

以上屋号付き口座の開設についてお伝えしました。

お役に立てれば嬉しいです。